2008年度研究業績

学術論文誌

  • Honda, N., Sakumura, Y., and Ishii, S. (2008)
    Stochastic control of spontaneous signal generation for gradient sensing in chemotaxis.
    Journal of Theoretical Biology, 255, 259-266.
  • Ihara, M., Maeda, S., and Ishii, S. (2009)
    Solo instrumental music analysis using the source-filter model as a sound production model considering temporal dynamics.
    Neural Computing and Applications, 18(1), pp. 3-14.
  • Hirayama, J., Nakatomi, M., Takenouchi, T., and Ishii, S. (2008)
    Collaborative prediction by multiple Bayesian networks and its application to printer usage modeling.
    Behaviormetrika, 35(2), pp. 99-114.
  • Tamei, T., Ishii, S., and Shibata, T. (2008)
    Virtual force/tactile sensors for interactive machines using user's biological signals.
    Advanced Robotics, 22(8), pp. 893-911.
  • Hirayama, J., Nakatomi, M., Takenouchi, T., and Ishii, S. (2008)
    α-Bayesian collaboration of multiple predictors and its applications to hybrid recommendation and user modeling. 
    Neural Information Processing - Letters and Reviews, 12(1-3), pp. 11-20.
  • Shikauchi, M., Ishii, S., and Shibata, T. (2008)
    Prediction of aperiodic target sequences by saccades.
    Behavioural Brain Research, 189(2), pp.325-31.

解説

  • 兼村厚範,福田航,前田新一,石井信.(2008)
    ベイズ超解像と階層モデリング.
    日本神経回路学会誌,15(3),181-192.

国際会議

  • Asahina, A., Hirayama, J., and Ishii, S. (2008)
    Interpreting dopamine activities in stochastic reward tasks.*
    The 15th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP), Auckland, New Zealand.
    * Received Best APNNA Student Paper Award.
  • Hirayama, J. and Ishii, S. (2008)
    A closed-form estimator of fully visible Boltzmann machines.
    The 15th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP), Auckland, New Zealand.
  • Takenouchi, T. and Ishii, S. (2008)
    Ternary Bradley-Terry model-based decoding for multi-class classification.
    IEEE International Workshop on Machine Learning for Signal Processing (MLSP).
  • Hiei, Y., Mori, T., and Ishii, S. (2008) 
    Self-organized reinforcement learning based on policy gradient in nonstationary environment. 
    International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN).
  • Taniguchi, Y., Mori, T., and Ishii, S. (2008) 
    A continuous internal-state controller for partially observable Markov decision processes. 
    International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN).
  • Ueno, T., Kawanabe, M., Mori, T., Maeda, S., and Ishii, S. (2008)
    A semiparametric statistical approach to model-free policy evaluation.
    The 25th International Conference on Machine Learning (ICML 2008), pp. 1072-1079, Helsinki, Finland.

国内会議

  • 兼村厚範, 前田新一, 石井信. (2009)
    ディリクレ過程混合ガウス分布による画像拡大フィルタの学習.
    電子情報通信学会2009年総合大会, ADS-1-3.
  • 内海将人, 作村諭一, 福西昭子, 山本亘彦, 石井信. (2009)
    統計的手法を用いた神経軸索の形態予測.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 31-36, NC2008-108.
  • 青木佑紀, 前田新一, 石井信. (2009)
    平均場近似を用いたHelmholtz Machineの学習.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 57-62, NC2008-113.
  • 植野剛, 川鍋一晃, 森健, 前田新一, 石井信. (2009)
    セミパラメトリック統計学に基づく価値関数推定.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 255-260, NC2008-146.
  • 朝比奈亜貴代, 平山淳一郎, 石井信. (2009)
    不確実な報酬予測におけるドーパミン活動の計算論的モデル.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 267-271, NC2008-148.
  • 日栄悠, 森健, 石井信. (2009)
    適応的モデル複雑度に基づくモジュール強化学習.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 273-278, NC2008-149.
  • 福田航, 兼村厚範, 前田新一, 石井信. (2009)
    遮蔽物を含む画像からの超解像.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 307-312, NC2008-155.
  • 寺村佳子, 前田新一, 石井信. (2009)
    同時発音の相関を考慮した確率モデルによる音楽の和声推定.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 411-416, NC2008-173.
  • 兼村厚範, 前田新一, 石井信. (2009)
    カラー画像拡大フィルタの疎ベイズ学習.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 417-422, NC2008-174.
  • 林浩平, 平山淳一郎, 石井信. (2009)
    指数族行列因子化の状態空間モデルへの拡張と時系列関係データ解析への応用.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(480), pp. 423-428, NC2008-175.
  • 伊坂弥花子, 山尾将隆, 作村諭一, 金雄, 松井貴輝, 別所康全, 石井信. (2009)
    脊椎動物の発達過程における分節時計の分子システム.
    電子情報通信学会技術研究報告NLP, 108(477), pp. 71-76, NLP2008-163.
  • 古谷允宏, 大羽成征, 石井信. (2009)
    ARD事前分布を用いた確率的マージン最大化行列因子化法の提案と欠測予測.
    電子情報通信学会技術研究報告NC, 108(383), pp. 19-24, NC2008-85.
  • 兼村厚範, 前田新一, 石井信. (2008)
    スパースベイズ学習による画像拡大フィルタの獲得.
    第23回信号処理シンポジウム, pp. 457-460.
  • 林 浩平,平山 淳一郎,石井 信.(2008)
    Dynamic Exponential Family Matrix Factorization.
    第11回情報論的学習理論ワークショップ.
  • 古谷 允宏,大羽 成征,石井 信.(2008)
    最大マージン行列因子化法の確率モデル化と行列データの欠測予測.
    第11回情報論的学習理論ワークショップ.
  • 平山 淳一郎, 石井 信. (2008)
    A closed-form estimator of fully visible Boltzmann machines.
    第11回情報論的学習理論ワークショップ.
  • 植野 剛,川鍋 一晃,森 健,前田 新一,石井 信. (2008)
    セミパラメトリック統計学に基づく価値関数推定.
    第11回情報論的学習理論ワークショップ.
  • 大羽 成征,石井 信 (2008)
    典型パターン因子を統計量として用いた経験ベイズ検定による差異発現遺伝子検出法.
    第11回情報論的学習理論ワークショップ.
  • 大佐賀 智,平山 淳一郎,竹之内 高志,石井 信.(2008)
    ダイナミクスのベイズ推定に基づくマルチモジュール型適応制御モデル.
    日本神経回路学会第18回全国大会,pp. 68-69,P1-22.
  • 谷口 雄基,森 健,石井 信.(2008)
    部分観測環境における線形力学システムの強化学習を用いた自動制御.
    日本神経回路学会第18回全国大会,pp. 56-57,P1-16.
  • 朝比奈 亜貴代,平山 淳一郎,石井 信.(2008)
    確率的報酬課題におけるドーパミン細胞の活動度解釈.
    日本神経回路学会第18回全国大会,pp. 180-181,PS3-1.
  • 兼村 厚範,前田 新一,石井 信.(2008)
    疎ベイズ解像度合成.
    日本神経回路学会第18回全国大会,pp. 152-153,P2-26.
  • Kanemura, A., Maeda, S., and Ishii, S. (2008)
    Subspace selection for resolution synthesis.
    Subspace2008 in conjunction with MIRU2008, pp. 15-19, Karuizawa, Japan.
  • 日栄 悠,森 健,石井 信 (2008)
    非定常環境における自己組織化強化学習.
    電子情報通信学会技術研究報告, 108(101), NC2008-30, pp. 97-101.
  • 大羽 成征, 石井 信. (2008)
    検定多重性とサンプル個性を利用した臨床ラベル関連遺伝子探索.
    情報処理学会バイオ情報学研究会研究報告, 2008-BIO-13 (9), pp.37-42, 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 108(101), NC2008-13, pp. 13-18.